【助産師監修】基本的なセルフケア

更新日:8月20日

目次▼

上手に授乳するには

赤ちゃんの舌の上にママの乳頭が乗るためには

妊娠中にも行えるケア

 

上手に授乳するには


赤ちゃんは乳頭だけを吸っているわけではありません。乳輪から乳頭をとらえて母乳を飲みます。

乳頭が小さくても、短くても、陥没していても、乳輪から乳頭が柔らかければ吸うことが可能です。


乳輪から乳頭を縦に軽くつまんで、親指の関節まで届けば、充分赤ちゃんの舌の上まで届く準備ができています。


​すべったり、つかみ難いようなら、赤ちゃんも少し吸いにくいかもしれません。

その場合は、張りが強くて滑ってつかみ難ければ浮腫みを取るケア、硬くてつかみ難ければ硬さを取るケアが必要です。​