授乳のコツ

ポイントは、下唇の位置です





 

乳首が短かったり、陥没していても、親指の第一関節までつまめれば、赤ちゃんは吸うことができます。


よくあるのが、乳首に対して真っ直ぐに吸わせることで、浅飲みになり、表面の皮を引っ張って痛くなったり、吸いダコの様に硬くなってしまうこと。


舌の分、下唇側を深めに吸ってもらう必要があります。


全体が、少し下側にずれることで、胸と赤ちゃんの鼻にも隙間ができて息がしやすくなります。

閲覧数:94回0件のコメント