【助産師監修】母乳トラブル 白斑とは


産後数日で胸が張ってきたのに赤ちゃんが上手く飲みだせなかったり、1回授乳量が少ない1か月未満、赤ちゃんが太陽光による体内時計のリズムを保ち始めて夜寝るようになる1~2か月、色々なことに興味を持って授乳に集中できない遊び飲みや、離乳食を沢山食べるようになったなど、赤ちゃんの成長や発達に伴って 授乳間隔や授乳量に変化がある時期は、 詰まりや白斑、しこりができやすい時期です。

母乳は出す分を作るシステムなので、変化に合わせて調整されるようになってはいますが、胸が変化に対応して母乳量が増えたり減ったり調整されるのには2~3日かかります。

では、なぜ詰まりや白斑ができるのでしょう。

母乳量が変化に合わせて調整されるまでの2~3日は、それまでの母乳量が準備れるのに出されないため、母乳が残りがちになります。 母乳は時間が経つと分離し、しかも、暖かい状態で保存されます。(牛乳は置いといても分離しないのになぜ母乳が分離?って思うかもしれませんが、牛乳は搾ってから分離しにくい加工がされてお店にならんでいるんです。)

夜寝るようになったな~なんてのん気にしていると、3日目くらい後に詰まったり痛くなったりすることがあるのは、母乳が分離してできた白斑が、数日後に先まで進んできて引っかかったという事です。(乳頭は表面だけ神経が発達しているので、先端まで運ばれて初めてママは痛みに気が付きます。)

赤ちゃんは、ママより先に粒の違和感や味の変化(分離した母乳はナトリウムが増えて少しだけ塩味になります)に気が付いて、粒を口で取ろうとして引っ張ったり、噛んだり、吸っては止めるを繰り返した